世界一わかりやすい旅行用品の解説サイトです。

旅行用品研究所

海外旅行でWi-Fiを確保する!

海外旅行中にスマホやタブレットでメール受信などを行うには、データ通信が必要です。データ通信のための手っ取り早い方法が、Wi-Fiです。Wi-Fiさえつながれば、海外でもインターネットを自在に行うことができます。

海外でWi-Fi接続するには、日本からレンタルのWi-Fiルーターを持参する、現地の公衆Wi-Fiを利用する、の2つの方法があります。わかりやすく説明しましょう。

レンタルWi-Fiルーターを利用する

一番オーソドックスなのは、海外用のレンタルWi-Fiルーターを日本で借りる方法です。Wi-Fiルーターは、海外の現地携帯電話の電波を利用してWi-Fi接続を行えるモバイル機器です。これさえあれば、海外でも携帯電話通話エリアなら、インターネットにアクセスできます。LINEなどのインターネット電話も可能です

レンタルWi-Fiルーターは事前に自宅に送付してもらうこともできますし、空港で借りることもできます。使用料は訪問国によって異なりますが、1日500円~1,000円程度が一般的です。1台のルーターで複数のWi-Fi対応機器と同時接続することができますので、二人以上で使うときにはとくにコストパフォーマンスが良くなります

Wi-Fiルーターのレンタルを行っている会社としては、グローバルデータ(イモトのWiFi)グローバルWiFiなどがあります。

海外レンタルWi-Fiの選び方

海外レンタルWi-Fiを選び方のポイントはいくつかあります。最初に、自分の渡航先で使えるかどうかをチェック。日本人が多く旅行する欧米や東南アジア諸国なら、どのレンタル業者も対応していますが、一部には使えない国があります。また、複数の国を旅行するときは、国をまたいで利用できるかもチェックしましょう。

次のポイントは基本料金です。海外レンタルWi-Fiの基本料金は各国の通信料金を基準に、1日いくらという単位で設定されています。国や地域によって料金は異なりますが、レンタル業者ごとの差はそれほど大きくありません。

一番の選び方のポイントは、貸し出し内容です。モバイルWi-Fiルーター機器の本体の大きさ、重さ、予備のバッテリーや充電用の外付けバッテリーが付いているかどうか、タブレット機器の本体の貸し出しをしてくれるかどうか、といった点です。これらは各業者でもっとも異なる点なので、自分に必要なものを借りた場合に、どの程度の性能のものがどれくらいの価格になるのかを確認しましょう。

一般に、モバイルバッテリー本体の電池の持ちは良くありません。付けっぱなしにしていたら1日持たないでしょう。でも、付けっぱなしにしないと気軽にメールチャックなどができませんので、予備バッテリーや外付けバッテリーはあったほうがいいです。ただ、荷物にもなりますので、「予備バッテリーはいらない!」と決めるのも一法。ルーター本体だけならそれほど荷物になりませんし、レンタル料も安く済みます。

機器の受け渡し方法も確認しましょう。成田空港や関西空港なら空港に専用の貸し出しカウンターを設けている事業者が多いので、そこで借りるのがベスト。貸し出しカウンターのない空港で借りる場合や、当日の手間がイヤなら、宅配での事前配送サービスもしてくれます。その際、手数料が別途必要かどうかも確認しておきます。返却方法についても、同じように確認して、自分で使いにくそうだな、と思ったら他の会社にしてみるのもいいでしょう。

おすすめ海外レンタルWi-Fi業者

グローバルデータ

「イモトのWiFi」で知られる海外Wi-Fiのパイオニア。ウェブで予約し、空港カウンターで受け取り、返却ができるシステム。手軽で低料金。

グローバルデータ「イモトのWiFi」

グローバルWiFi

パケット定額制の海外Wi-Fiレンタル。低価格で対応渡航先も豊富。ウェブで予約し、空港カウンターで受け取り、返却ができる。

グローバルWiFi

テレコムスクエア

「Wi-Ho」ブランドの海外Wi-Fiルーターレンタル。送料無料で自宅までルーターを送ってくれるのが便利。

テレコムスクエア(Wi-Ho)

スマホをテザリングする

日本国内で利用しているスマホを海外に持ち出して、現地で「パケ放題」などのサービスを利用して接続し、それをテザリングする、という方法もあります。普段のスマホを使うだけなので手軽ですが、1日3,000円程度のパケット料がかかりますので、コスパは悪いです。

現地の公衆Wi-Fiを利用する

海外でも国によっては公衆Wi-Fiが発達している国もあります。そういう公衆Wi-Fiを使えば、無料か低価格でデータ通信を行えます。

公衆Wi-Fiはファストフード店や百貨店で無料で使える場合もあります。公衆Wi-Fiは無料で便利ですが、セキュリティ面では気になりますので、重要なことは極力入力しない方がいいでしょう。ホテルもWi-Fi完備が増えてきました。ホテルの場合は接続パスワードと宿泊客に教えて使用させる、というケースが多いです。無料公衆Wi-Fiよりは安全性は高そうですが、大差ないという意見もあります。

公衆Wi-Fiはつながりにくいこともあります。いずれにしろ、公衆Wi-Fiを利用する場合は、使える場所が限られますので、「メールチェックなんてたまにできればいい」というくらいの割り切りの姿勢にしたほうがよさそうです。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP