世界一わかりやすい旅行用品の解説サイトです。

旅行用品研究所

旅の寝袋はどう選ぶ?

アウトドアな旅や、安宿を泊まり歩く旅ならば、シュラフは必需品。山登りに使うような高性能なものは不要ですが、軽くてコンパクトなものを選びましょう。

ここでは、山歩き以外で使う、旅のシュラフ・寝袋の選び方をご紹介します。

寝袋の選び方とおすすめ

寝袋はモノによって値段が大きく違います。安いものなら1000円程度からありますし、高級品だと4~5万円するものもあります。いったい、何が違うのでしょうか?

実際に比べてみると、寝袋は値段によってずいぶん品質が違います。激安品は綿を使用していることが多いので、かさばりますし重いです。そのわりに暖かくありません。これに対し、先端素材を使っているものは軽くて暖かいです。

どういう寝袋を選ぶかは、旅のスタイルによって変わってきます。クルマでの旅なら重くてもいいでしょうが、持ち歩くのなら、寝袋は小さくて軽いものを使うのが基本です。少し高くても、軽量のものを購入しましょう。

寝袋は夏山用、春夏秋山用(スリーシーズン用)、冬山用の3種類があり、最低使用温度が表示されています。暖かい時期の旅だったり、野宿をするのでなければ最低使用温度は10度くらいの夏山用でいいでしょう。普通の旅行だけでなく、山登りをしたり、野宿をするのなら、夏でも最低使用温度0度くらいの、春夏秋用を使ったほうがいいでしょう。山は夏でも寒いものです。

軽量の夏山用シュラフ(寝袋)の値段は、1万円~3万円程度します。値段と性能はある程度比例します。有名登山用品ブランド製の高級品は、軽くて寝心地が違います。予算と相談して、自分に適したものを買いましょう。

バックパッカーでも、ホテルに泊まる旅なら必ずしもシュラフは必要ありません。シュラフのかわりにシュラフカバー(寝袋カバー)を持って行く人もいます。シュラフカバーがあれば、室内の寒さならしのげることも多いですし、宿のベッドのシーツが汚いときにも使えます。

コールマン パフォーマー/C15

夏山用の封筒型シュラフ。最低使用温度10度。15度以上で使用すると快適。ウォッシャブル。品質は価格相応ですが、そう何度も使うのでなければ。収納時直径15×42cm、750g

イスカ ウルトラライト

薄くてコンパクトなシングル構造のシュラフ。最低使用温度10度。収納時直径12.5×27cm、630g。

モンベル アルパイン バロウバッグ #7

コンパクトと低価格を両立したコストパフォーマンスに優れたモデル。信頼のモンベル製。収納時直径14×28cm、700g。

モンベル アルパイン ダウンハガー800 #3

夏の高山から冬の低山キャンプまで一年を通して使えるトータルバランスに優れた超軽量寝袋。最低使用温度0度。収納直径13×26cm、548g。

アマゾンでシュラフ・寝袋の人気ランキングを見る
楽天でシュラフ・寝袋の人気ランキングを見る

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP