世界一わかりやすい旅行用品の解説サイトです。

旅行用品研究所

トップ > 持ちもの > 現金とカード > 海外専用プリペイドカード

海外専用プリペイドカードの口コミと選び方

海外専用プリペイドカードとは、海外引き出し用の専用口座を作り、日本国内であらかじめチャージ(入金)をしておき、それを海外ATMで現地通貨として引き出すものです。カードによっては海外のショッピングでも使えます。入金残高の範囲内でしか利用できませんので、盗難やスキミングに遭っても被害を最小限にすることができるなど、安全性は優れています。また、クレジットカードが作れない18歳未満や審査をパスできない人でも、これなら作れます。反面、為替レートがやや高いなどの難点もあります。

ここでは、海外専用プリペイドカードの特徴と選び方を説明しましょう。

海外専用プリペイドカードのしくみ

海外専用プリペイドカードのしくみは簡単です。あらかじめ日本で専用口座とカードを作っておき、専用カードに入金(チャージ)しておくと、海外のATMで現地通貨の現金を引き出せるというものです。インターネットバンキングを使えば海外から入金することもできます。現金は引き出したときに即時決済されます。口座残高以上の引き出しはできません。

海外専用プリペイドカードには「VISA」や「銀聯」などのブランドが付いていますが、クレジットカードではありません。「VISA」や「銀聯」などのマークがカードに付いていれば、そのマークのあるATMで引き出しができる、ということです。また、多くのプリペイドカードでは、マークの付いている店舗でショッピングの支払いにも使えます

海外専用プリペイドカードの発行には年会費が必要だったり、入金時に手数料がかかったりします。また、両替時には標準為替レートからの上乗せもあります。そのため、ある程度コストのかかる外貨調達手段です。以下のコストを認識しておきましょう。

  • 入会金 カード発行手数料などの名称のことも。無料のカードも多い。
  • 年会費 無料のカードが多い。
  • 入金手数料 500円~1,000円程度。無料のカードもある。
  • 加算レート 為替レートに4.0%程度を上乗せ。為替手数料などという。
  • 利用手数料 海外で引き出しするときに1回ごとにかかる。無料~200円程度。出金手数料ということも。
  • 現地ATM利用手数料 海外のATMの利用にかかる手数料。国や引き出しATMで異なる。
  • 払戻手数料 使わなかった口座残高を払い戻す際にかかる手数料。

こうしたコストのなかには現金両替やクレジットカードでもかかるものもありますが、海外専用プリペイドカードの両替コストはクレジットカードのキャッシングに比べると不利なことが多く、現金両替と同じくらいです。

したがって、海外専用カードを選ぶときは、さまざまな手数料を意識し、なるべく入金手数料や加算レートの低いものを選ぶといいでしょう。

おもな海外専用プリペイドカード

キャッシュパスポート

マスターカード系の海外専用プリペイドカード。トラベレックスジャパンなどが発行。発行手数料無料、入金手数料1%。利用手数料200円、加算レート4%。1年間カード使用がないとカード管理料がかかり、清算する場合には精算手数料がかかる。

キャッシュパスポート キャッシュパスポート
Tポイント付きキャッシュパスポート キャッシュパスポート

Money T Global

JTBが発行している海外専用VISAカードのシステムプリペイドカード。発行手数料500円、年会費無料。利用手数料は200円、加算レート4%、払戻手数料500円。

MoneyT Global

マネパカード

FX業者のマネーパートナーズが発行するプリペイドカード。上記3社とは少し毛色が違うカードです。あらかじめ円貨を入金し、それを両替してからチャージされます。取扱いは米ドル、ユーロなど5通貨で、任意のタイミングで両替できます。利用手数料は米ドルの場合で2ドルなど、通貨によって異なります。

加算レートはマネーパートナーズのFX為替レートに加算された額ですが、はっきりしません。マネーパートナーズによると、一般のクレジットカードのショッピングの半額程度の両替コストとされています。海外専用プリペイドカードとしては劇的な両替コストの安さが特徴です。発行手数料、入金手数料無料。

マネーパートナーズの外貨両替・受取サービス

NEO MONEY

クレディセゾンが発行するプリペイドカード。VISA提携で現地通貨引き出しとショッピングができる。発行手数料、入金手数料は無料。加算レート4%、利用手数料200円。VISAのほか銀聯提携もあり。

海外専用プリペイドカードはお得?

海外専用プリペイドカードはお得でしょうか? 正直なところ、マネパカード以外はお得とはいえません。上記のなかで「お得さ」を基準に選ぶなら、マネパカード以外にありえません。

それ以外の海外専用プリペイドカードは、現金両替に比べるとお得な場合もありますが、クレジットカードに比べると明らかに不利です。したがって、クレジットカードを作れること、クレジットカードで海外キャッシングをすることに抵抗がない方は、クレジットカードを使っがほうがお得です。ただ、18歳未満でクレジットカードが作れない方や、クレジットカードのキャッシングがどうしてもイヤだ、という人は、こうした海外専用プリペイドカードを使うといいでしょう。

では、海外専用プリペイドカードの存在意義はなんでしょうか? 最大の利点は、日本からの送金がラクである、という点です。指定の専用口座に誰がお金を入れても構わないので、日本の親が専用口座にお金を振り込み、海外の子がそれを現地で引き出す、という使い方には適していますし、そういう使い方をしている留学生は数多くいます。旅先でお金がなくなったとき、送金してもらうのにも使いやすいので、万一に備えて一つ持っておくのはいいでしょう。

マネパカードはお得ですが、入金してから両替する、という一手間がかかるので、送金など複数人の利用にはあまり向かないかもしれません。

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP