世界一わかりやすい旅行用品の解説サイトです。

旅行用品研究所

トップ > 持ちもの > 現金とカード > クレジットカード

旅行用クレジットカードの口コミと選び方

海外旅行では、クレジットカードはとても役に立ちます。現金なしで買い物ができますし、ATMで現地通貨も引き出せます(キャッシング)。そのため、海外旅行にはクレジットカードは欠かせません。

ここでは、海外旅行に役立つクレジットカードの選び方と口コミをご紹介しましょう。

海外旅行でなぜクレジットカードが重要なのか

海外旅行でクレジットカードは重要です。なぜなら現地通貨を調達するのに不可欠なものだからです。

海外で現地通貨を調達するには、日本円などの現金を持って行って現地の銀行などで両替する、という方法が基本です。でも、多額の現金を持ち歩くのは危険ですので、代わりにクレジットカードを持っていきます。クレジットカードならキャッシュレスで買い物ができますし、現金が必要な場合はATMで現地通貨を引き出すことができます。

クレジットカードを使いATMで現地通貨を引き出すと手数料(利子)がかかりますが、現金両替よりも為替レートがいいので、クレジットカードを使ったほうがお得です。クレジットカードなら紛失しても保険がききますので、現金よりも安全です。

ということで、海外旅行に行くなら、クレジットカードを最低1枚、できれば予備を含めて2枚持っていきましょう。

海外旅行保険付きのカードを選ぶ

どうせ持っていくのなら、海外旅行保険が付帯しているカードがいいでしょう。海外では健康保険証が使えませんから、不慮の事故や病気に備えて海外旅行保険は必須ですが、クレジットカードに付帯していれば、いちいち加入する手間もお金も要りません。

海外旅行保険付帯のカードは、ほとんどの場合年会費がかかります。年会費のかからないクレジットカードの海外旅行保険は、「旅行費用をそのカードで支払った場合のみ適用」など、制限がある場合が多いので気を付けましょう。

カードのブランドは、VISAかMASTERがいいでしょう。海外ではJCBは使えない場合も多いので避けます。アメリカンエクスプレスやダイナースも、国によっては意外と使えないことがあります。

マイレージやポイントはどこまで考慮する?

クレジットカードを選ぶとき、マイレージやポイントを重視するのも一つの考え方です。頻繁に旅行する人なら、マイレージが貯まりやすいカードを選ぶといいでしょう。ただ、最近はマイルもインフレ気味。ショッピングだけではなかなかなかなか航空券に換えられるだけのマイルにならないので、あまり旅行しない方はそれほど重視しなくてもいいでしょう。

旅行用クレジットカードのおすすめと口コミ

JALカード

航空会社のマイレージの中で、利便性がもっとも高いのはJALでしょう。積算率はそれほど高くありませんが、無料航空券を使用するときに空席が多くてチケットを取りやすいのです。JALカードにすれば、搭乗時のマイル積算率も高くなります。

JALカード

ANA VISAカード

国内旅行が多いなら、ANAカードがマイレージが貯まりやすいでしょう。ANA VISAカードは、数あるANAカードの中でも本流中の本流カード。三井住友VISAカードのANAカードです。ANAのマイルが貯めやすく使いやすいカードです。

ANAVISAカード

三井住友VISAカード

世界シェアナンバーワンのVISAカード。世界中でもっとも通用度が高いので、とりあえず持っておくと安心です。学生用からゴールドまで、カードラインナップも豊富。定番はクラシックカードです。

三井住友VISAクラシックカード

楽天カード

年会費無料ですが、楽天カードで旅行代金を支払った場合、海外旅行保険が付帯します。ポイントの積算率が高いので、楽天系のサイトをよく利用している方ならお得です。海外旅行もこのカードで支払うなら便利なカードです。楽天プレミアムカードにすると、持っているだけで海外旅行保険が付帯します。楽天プレミアムカードは年会費が1万円超とちょっとお高めですが、コスパは抜群。

楽天カード
楽天プレミアムカード

イオンカード

イオン系の店舗で買い物をする方なら価値が高いカード。イオン系の店舗でJALのマイルを効率よく貯められます。

イオンカード(WAON一体型)

東急TOP&カード

東急沿線にお住まいなら価値の高いカード。東急系の店舗でJALのマイルを効率よく貯められます。

東急TOP&カード

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP