世界一わかりやすい旅行用品の解説サイトです。

旅行用品研究所

トップ > 持ちもの > SDカード

SDカードの選び方

旅に持って行くカメラ・ビデオカメラの保存媒体として便利なのがSDカード。今や多くのカメラ・ビデオカメラの必需品です。ただ、「SDカード」と一口に言っても、種類は豊富。サイズや転送速度が異なりますので、選ぶときはご注意を。

ここでは、旅のお供のSDカードの選び方とおすすめ製品をご紹介。

SDカードって?

SDカードは、正確には「SDメモリーカード」(エスディーメモリーカード)といいます。ふつうのSDカードの容量は2GBですが、SDHCカードは32GB、SDXCカードは2TBまでの容量を持ちます。最近は容量的に適度でコスパの高いSDHCの32GBがもっとも普及しています。

SDHCカードの速度表記

SDHCカード製品には、転送速度が定められています。最低が「Class 2」で毎秒2MB。以下「Class 4」(毎秒4MB)「Class 6」(毎秒6MB)「Class 10」(毎秒10MB)となっています。最近の主流は「Class 10」です。最近のカメラは記録容量が大きくなっていますので、SDカードの転送速度が低いと、パソコンにデータを移す際に時間がかかってしまいます。ですから、できるだけ高いClassの製品を選びましょう。

どのくらいの容量が必要か?

SDカードの一番の購入ポイントは、容量の大きさです。どれだけの容量が必要かはカメラの機種にもよりますし、人それぞれでもありますが、1000万画素クラスのデジタルカメラを、容量を気にせずパシャパシャ撮影するには、旅行2日で1GBくらいあったほうがいいでしょう。4 日間の旅行なら2GB、8日間の旅行なら4GBです。

ビデオカメラの場合は、容量がどれだけあっても余ることはない、というくらいの気持ちでいたほうがいいかもしれません。予算の許す限り、大容量のカードを購入しましょう。最低でも32GBは必要です。

カメラの規格にあうかチェック!

SDカード購入時の注意点としては、蒸気のSDHCやSDXCカードに自分のカメラ・ビデオカメラが対応しているかを確認しましょう。よほど古いカメラ・ビデオでなければ、SDXC対応になっています。ただ、SDXC対応であっても、むりにSDXCを買う必要はありません。SDHCのほうが値段は安いので、動画をたくさん撮るのでなければ、SDHCで十分です。

マイクロSDカード、ナノSDカード

スマートフォンなどに利用されているのがmini SDカードやmicroSDカード。最近はナノSDカードといった小さなものも出てきました。これらもSDカードの一種です。普通のSDカードと大きさが異なるので、購入時には注意しましょう。

 

おすすめSDカード

Transcend SDXCカード 64GB Class10

SDHC対応。64GB 、Class10。大容量64GBでも安くなりました。

TDK SDHCカード 32GB Class10

定番の32GB、信頼のTDKブランド。コスパのいいSDカードです。

Transcend microSDHCカード 32GB Class10

マイクロSDカードも最近は32GBが主流。Class10でコスパも抜群。

アマゾンでSDカードをもっと見る
楽天でSDカードのランキングを見る

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP