世界一わかりやすい旅行用品の解説サイトです。

旅行用品研究所

トップ > 持ちもの > パソコン・モバイル > モバイルバッテリー

旅行用モバイルバッテリーの選び方

海外旅行や国内旅行など、旅行中に困るのがスマホやタブレットの電池切れ。場所を選ばずに充電できるモバイルバッテリーは、旅の必需品という人もいるほどです。ただ、モバイルバッテリーはさまざまなメーカーから販売されており、「どれを選んでいいかわからない」となりがち。旅行向けのモバイルバッテリーをわかりやすく説明しましょう。

モバイルバッテリーとは?

そもそも、モバイルバッテリーとはなんでしょうか? モバイルバッテリーとは、持ち運びできる充電用電源のことです。コンセントがない屋外や電車・バスのなかでも、スマホやタブレットなどの電子機器を充電できます。モバイルバッテリーには、バッテリー容量や出力電流、チャージにかかる時間などによって、さまざまな種類があります。

モバイルバッテリーの性能表示

モバイルバッテリーの性能表示のうち、もっとも重要なのが「容量」です。「mAh」(ミリアンペアアワー)で表示され、数値が高い方が大容量で、より多く充電できます。適切な容量は使用する電子機器によって異なりますが、スマホの場合で3000mAh程度が満充電1回分の最低量です。実際には、1回の満充電にはスマホで5,000mAh、タブレットで7,000mAhくらいはかかると考えましょう。

次に重要なのが「出力電流」。これは、モバイルバッテリーから電子機器へ供給可能な電流の出力値です。数値が高い方が、電子機器の充電が高速となり、短時間で充電が終わります。

最後に「入力電流」。これは、電源からモバイルバッテリーへ供給可能な電流の入力値です。数値が高い方が「コンセント→モバイルバッテリー」へのチャージが高速で、コンセントからモバイルバッテリーのチャージ時間が短くできます。

出力電流と入力電流は、ともに「5V、2A」程度の能力があるといいでしょう。

どのくらいの性能を買えばいいのか?

モバイルバッテリーの場合、性能が高ければ高いほどいい、とは限りません。高性能だと重くなりますし、値段も高くなります。とくに旅行中に「重い」というのは問題です。重さに関しては技術革新があるとはいえ、「容量が大きければ重い」のは避けられません。逆に言うと、「軽いのに大容量」というのは性能表示に問題があることもあるのでオススメしません。

どのくらいの性能のモバイルバッテリが-いいのか、というのは電子機器の使用方法にもよるので一概にはいえませんが、スマホ利用の場合、容量10,000mAh、入出力5V、2A、重量300gくらいの製品が旅行中使用の目安となるでしょう。スマホ2回分くらいの充電ができて、重さもそれほどでもありません。

おすすめモバイルバッテリー

iBUFFALO モバイルバッテリー 5200mAh

各社スマホ、タブレット対応。バッテリー容量:5200mAh、入力条件:5V/1A、出力条件:5V/2A。性能的には最高ではありませんが、価格がとにかく安いので、旅行用に気軽に持ち歩けます。

Cellevo モバイルバッテリー 10000mAh

大容量薄型バッテリー。容量:10,000mAh、出力:USB 5V/2.1A + USB 5V/1.5A、入力:Micro USB 5V/1-2A、重量290g。容量、重さ、価格のバランスの取れた仕様。

Anker Astro M3 13000mAh モバイルバッテリー

アマゾンのベストセラー。容量:13000mAh、入力:5V / 1.5A、出力:5V / 2.1A(iPhone)・1A(アンドロイド)。重量445g。性能的には十分ですが、やや重いです。

Panasonic モバイルバッテリー 10,260mAh

安心のパナソニック製。バッテリー容量:10,260mAh、出力条件:5V 1.5A。490g。価格はやや高く軽くもありませんが、安定した性能で評価が高いです。

アマゾン・モバイルバッテリーランキングを見る
楽天・モバイルバッテリーランキングを見る

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP