世界一わかりやすい旅行用品の解説サイトです。

旅行用品研究所

トップ > 旅行会社の選び方

旅行会社の選び方

旅行会社には、大きく分けて「店舗型旅行会社」「ネット旅行予約サイト」の2つがあります。

・店舗型旅行会社…店舗を構えてパッケージツアーから鉄道や飛行機の切符の手配まで幅広く行う
・予約サイト…ホテルや航空券の空室を即時検索。幅広い横断検索ができたりもする。

他にも分類の仕方はありますし、大手、中小という規模の違いもあります。なにしろ、日本には1万社も旅行会社がありますので、分類をしはじめたらキリがありません。大枠として、現在は「店舗型」と「ネット予約サイト」の2種類があり、この2種類が「海外旅行」と「国内旅行」のジャンルでそれぞれ営業しています。海外のみ、国内のみを扱う会社もあります。

これら数ある旅行会社のなかから、どうやって旅行会社を選んだらいいのでしょうか。ここでは、海外旅行や国内旅行で使う旅行会社の選び方をご紹介します。

旅行会社を選ぶ3つのポイント

最初に、旅行会社選びのポイントをまとめてみましょう。

  • 旅行初心者向けか、旅慣れた人向けか(初心者は大手旅行会社が無難)
  • 担当になったスタッフは有能か(会社名よりスタッフの能力のほうが大事)
  • 客層は自分にあっているか(ツアーに参加するときは、他の客で雰囲気が変わる)

たとえば、H.I.S.は有名な格安旅行会社で、旅慣れた方からは「便利」という声が多いのですが、旅行初心者には「説明不足」という評判もあります。格安旅行会社は薄利多売でたくさんの客を相手にしないといけないので、説明は確かにおおざっぱなになりやすいものです。ですから、初心者はH.I.S.よりはJTBなどのほうがいいかもしれません。

スタッフの当たり外れも多い

しかし、どんな旅行会社にいっても、無能なスタッフというのはいるもので、そういう人に当たってしまったら悲劇です。逆に、小さな旅行会社でも優秀なスタッフに当たればとても親切に説明してくれますし、手配ミスも少ないもの。

したがって、結局、「旅行会社選びは社名より担当者の質が大事」というのが真実です。「この担当者ダメだな」と思ったら、変えてもらうか、会社を変えましょう。また、一度ひどい担当者に当たったからといって、「もうこの旅行会社は二度と使わない」と当たり散らすのもナンセンスです。

ツアーの客層も違う

ツアーに参加する人は、どんな人が一緒になるかは重要です。「そんなの事前にわかるわけない!」とおっしゃるかもしれませんが、旅行会社やツアー内容によって、客層はある程度わかるもの。定年リタイア層向けの贅沢ツアーと、学生向けの激安ツアーでは、客層が違うのは明らかです。

わかりやすくいえば、JTBと阪急交通社では、ツアーの客層はやはりだいぶ違います。これは良い悪いの問題ではなく、自分にあうか、ということです。

主な旅行会社の人気ランキングは、以下のリンクからご覧ください。

旅行会社人気ランキング

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP