世界一わかりやすい旅行用品の解説サイトです。

旅行用品研究所

トップ > 持ちもの > 変圧器、変換プラグ

旅行用変圧器、変換プラグの選び方

変圧器や変換プラグは、海外旅行に不可欠になりました。持っていく電子機器が増えるほど、持っていく変圧関係器具も増えるもの。

ここでは、海外旅行用の変圧器と変換プラグの選び方とおすすめ製品をご紹介。

海外旅行に変圧器は必要?

日本では、コンセントに流れてくる電圧は100Vですが、海外では違います。そのため、日本でふだん使っている電化製品を海外に持って行くと、使えなかったり故障したりしてしまいます。ですから、海外旅行に電化製品や電子機器類をもっていく場合、変圧器が必要になることがあります。

とはいえ、全ての電化製品や電子機器に変圧器が必要とは限りません。持っていく電化製品や電子機器が海外電圧対応製品の場合は、変圧器は不要です。デジカメやスマホ・タブレットなどの充電池は世界各地の電圧に対応する仕組みになっている場合が多いので、変圧器が不要の場合が多いです。お持ちの充電器をよくチェックしてください。「100V-220V」などと書かれているものは、海外電圧対応です。

こうした海外対応の充電池や電気機器しか持っていかない場合は、変圧器を購入する必要はありません。変圧器は重いので、できれば持っていきたくないですね。

変換プラグとは?

海外ではコンセントの形状が日本とは異なります。そのため、日本の電化製品のソケットでは海外ではコンセントに差すことができないことがあります。このため、変換プラグでつなげるようにする必要があります。変換プラグは、電圧に関わらず必要です。

タコ足も忘れずに!

デジカメやスマホなどの複数の電子機器を一度に充電するには、一つのコンセントでは足りません。そのため、複数電源タップ(いわゆる「タコ足」)があったほうが便利です。タコ足も日本国内用のものは100Vにしか対応しないので、海外対応のものを持って行きましょう。3口電源タップが主流です。

海外旅行用変圧器のおすすめ

変圧器は意外とデリケートなので、信頼できるメーカーのものを購入することをお勧めします。安いものを買うと、すぐに壊れたりしてしまいます。変圧器にはたいてい簡単な変換プラグも付属しています。

BESTEK 変圧機能搭載 海外旅行用充電器

変圧機能が付いた3口タップ。USBポート4つも付いています。マルチ変換プラグも付いています。「充電はコレ一つでOK」という手軽さから人気急上昇中。ただし、定格電圧が200Wなので、ドライヤーや調理器具には使えません。

カシムラ 海外旅行用薄型変圧器

薄型の軽量変圧器です。最近の海外旅行者定番の変圧器です。110V~130Vまたは220V~240V地域で日本の電気製品をそのまま海外で使う事ができます。

カシムラ 海外用変圧器 ダウントランス

海外旅行用変圧器の定番品。電圧AC220-240Vの国で35Wまでの日本の電化製品が使えます。価格の割に高性能。

海外旅行用変換プラグのおすすめ

海外のコンセント形状は、Aタイプ・Bタイプ・Cタイプ・BFタイプ・Oタイプなどがあり、国により異なります。そのため変換プラグには、ひとつひとつのプラグが分かれているタイプと、マルチタイプの2タイプがあります。行き先の国のプラグ形状が分かっていれば、分かれているタイプが軽くて便利です。よくわからないときは、マルチタイプを買うと間違いがありません。

カシムラ 海外旅行用変換プラグ8個セット

 国別の変換プラグ8つセット。訪れる国によって必要なものだけ持っていけるのがよいですね。

ヤザワ 海外旅行用変換プラグ

世界でも使用頻度の高いプラグの5個セット。Aタイプ・Bタイプ・Cタイプ・BFタイプ・Oタイプが付いています。

デバイスネット ゴーコンW2

ほぼ全世界に対応する8つの形を持つ変換プラグです。小型軽量化され便利。

複数電源タップのおすすめ

ゴーコンタップ

高電圧対応の海外3個口電源タップ。ケーブルがついていて使いやすい。

ヤザワ 海外用マルチ変換タップ

変換プラグに1mのコードが付き、3口のタコ足対応。変換プラグは A・C・O・BF・SEタイプの5種類。変換プラグとタコ足が一体になった優れもの。

アマゾンで旅行用変圧器・変換プラグをもっと見る
楽天で「旅行用変圧器・変換プラグ ランキング」を見る

ソーシャル

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

↑ PAGE TOP